時間は作るもの…って人に言うな

Published
Volume
2 min read
Written By
catnose

学生の頃や新入社員の頃、目上の人たちがよく「時間が無いというのは言い訳。時間は作るもの」みたいなことを言ってたんですが、今それを言われたらブチ切れるかもしれない。

いま僕は忙しい。堂々と言える。すごく忙しい。とても忙しい。

朝起きたら自分の朝食は1分で済ませてエネルギー有り余る犬を1時間散歩に連れていく。帰ってきたら好き嫌いの多い1歳児になんとか朝ごはんを食べさせ、保育園に送り出したらようやく仕事をはじめる。

仕事後は子どもに夕飯を食べさせ、歯を磨かせて、お風呂に入れてから寝かしつける。寝ないときは何をやっても寝てくれない。 寝室に連れて行ってから1時間経っても寝てくれないことがある。 日によっては何度も泣いて起きてしまうし、体調が悪いときはベッドの上で盛大に吐き戻してしまうこともある。子どもが起きていないか見守りカメラを気にしながら歯を磨いたり、猫と一緒に遊んだりしていれば、もう自分が寝る時間に近づいている。仕方がないから睡眠時間を削っていたら(睡眠不足が関係しているのか分からないが)今度は軽度のアトピー性皮膚炎を発症してしまった。痒くて仕事が進まない。病院にも行かないと。結果的により時間が取れなくなる。そうして機嫌が悪くなれば、… あー、もう書くのが辛くなってきた。やめよう。



この生活のどこから時間を作るんですかね。

ご飯はレトルトとデリバリーに頼れ? 家事は自動化・外注しろ? ルンバと乾太くん(最強と名高い乾燥機)を導入しろ?
ええ、全部やってます。

犬の散歩を短くしろ?猫と遊ぶな?
え、嫌です。

「俺は子どもが○人いるけど若い頃は仕事漬けで…」
あー、あなたは誰かに負担を押し付けることで時間を作ってきたのですね。 それは結構ですが、他の人にそれを求めない方がいいですよ?

いいですか、人によって大事な時間の使い方というのは違うんです。
仕事の時間を削りたくない人もいるし、子どもと過ごす時間を削りたくない人もいるし、筋トレの時間は削れない人もいるし、ゲームは1日1時間は絶対やりたい人もいる。

人によって動ける時間も違う。たくさん寝なければ調子を崩す人もいるし、たくさん息抜きをしなければ精神的に持たない人もいる。

「時間を作る」というのは、他の何かに費やす時間を削るということです。大事なもので1日が埋め尽くされているかもしれない人に、その人にとって本当に大事なのか分からないことのために「時間を作れ」っていうのは、ちょっと想像力が足りてないんじゃないですかね?


なんとなく昔から「『時間がない』と言ってやらないのは無能な奴だ」みたいな考え方が蔓延してる気がして窮屈です。

自分にとって欠かせない時間を削りたくないなら堂々と「時間がない」「忙しい」と言いましょう。そして言われた方は「時間は作るものだ」と返さずに引き下がってください。


「でもこのくだらん記事を書く時間は捻出できてるじゃん」
それはその通り。


※ 最近誰かに「時間は作るもの」と言われたからこの記事を書いたわけではない